変数の使い方

今回は変数の使い方について学びます.データは「変数」という「データを入れる箱」に入れて使います.変数に,データを一時的に保管しておいたり,計算の結果を入れたりしていきます.

変数の作り方:「変数名=値」と書く.

(例)$aに10を入れるならa=10と書く.$

変数の中身の表示の仕方:print(   )と書く.

(例)$aの中身を表示するならばprint(a)と書くと中身を見ることができる!$

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Translate »