【ポール・エルデシュ】友人を訪ねて共著論文を執筆!変人数学者

数学者は変わり者ばかり。

その中でもトップクラスの変わり者と言えるのがポール・エルデシュです。

ハンガリー生まれの数学者で、メインの分野はグラフ理論ですが、分野にこだわりはありませんでした。

興味を持ったら、その分野の数学者を訪ね、論文を書いていったそうです。

人生で書き上げた論文数は1,500を超えるという、数学大好き人間です。

今回は変わり者数学者ポール・エルデシュに関するエピソードを紹介します。

「私の脳みそは営業中だ。君のはどうかね?」

「私の脳みそは営業中だ。君のはどうかね?」

ポール・エルデシュは友人数学者を訪ねる時に、いつもそう言っていたそうです。

ポール・エルデシュは家(定住地)を持っておらず、ある数学者数学のところに行っては、数日後に別の数学者のところへ行くといった生活をしていました。

訪ねられた側としては迷惑に感じそうですが、実際は逆です。

ポール・エルデシュが来れば新しい発見が生まれるので、常に歓迎されていたのでした。

ずば抜けた頭脳と愛されキャラが功を奏して、単独研究が多い数学者の中で共同研究を行ったのは500人以上になりました。

ポール・エルデシュとの関係性を数字にした「エルデシュ数」なるものまで作られます。

数字が小さければ小さいほど、天才ポール・エルデシュとの関係性が深いとしてうらやましがられます。

(※詳細は後ほど説明します。)

ポール・エルデシュのように知識と愛嬌を持っていれば、業界の中で好かれる人物になるでしょう。

ポール・エルデシュ用語

ポール・エルデシュは独自の考えをもとに独特な言葉を使っていました。

例えば、「数学をやめる」ことを「死ぬ」と言っていたそうです。

ポール・エルデシュは1日19時間数学をやっていたという話もあるため、数学に触れられないのは死と同義だったんでしょうね。

他にも、以下のように言い換えていたそうです。

  • 結婚した→捕獲された
  • 離婚した→開放された
  • 死ぬ→去る(逝く)
  • 女性→ボス
  • 男性→奴隷
  • 子ども→イプシロン
  • 音楽→雑音
  • アルコール→毒
  • 説教する→数学の講義をする
  • アメリカ→サム
  • ソ連→ジョーダム
  • 神→思考のファシスト(SF)

数学者ポール・エルデシュの言葉使いによって価値観が伝わってきます。

理系の憧れ「エルデシュ数」

「エルデシュ数(エルデシュ番号)」はポール・エルデシュとの関係性を表す数字です。

数学者や数学界から親しまれていることがよく分かりますよね。

「共著論文執筆距離」とも呼ばれ、この数字が小さいほど数学界では誇れます。

(※実際にはなんの意味も持たないのですが・・・。)

「エルデシュ数」の簡単なルールを紹介します。

  • ポール・エルデシュ自身:エルデシュ数0
  • ポール・エルデシュと共著論文を書いた:エルデシュ数1
  • エルデシュと共著論文を書いたことはないが、エルデシュ数1との共著論文を書いた:エルデシュ数2
  • 「エルデシュ数」を持っている人と共著論文を書いたことがない:エルデシュ数なし(または∞)

つまり、ポール・エルデシュと共著論文を書いたAさんは「エルデシュ数」1、Aさんと共著論文を書くと「エルデシュ数」2になります。

ちなみに2014年までのフィールズ賞受賞者は全員「エルデシュ数」5以下です。

「エルデシュ数」1の数学者を一部紹介します。

  • ロナルド・グラハム(エルデシュ数の生みの親)
  • レーニ・アルフレード(グラフ理論)
  • ピーター・フランクル(NHK番組でお馴染み)

理系なら憧れる「エルデシュ数」、論文を書くことで手に入れられるかもしれません。

『博士の愛した数式』のモデル?

『博士の愛した数式』という作品を知っていますか?

作品の中には、「ルース=アーロン・ペア」や「フェルマーの最終定理」など数学用語が散りばめられています。

『博士の愛した数式』の主人公「博士」は元数学者で、交通事故によって記憶が80分しか持ちません。

生涯数学を愛し続けたというキャラクター設定で、映画では寺尾聰さんが演じています。

実は、この主人公「博士」のモデルはポール・エルデシュと言われています。

参考文献にポール・エルデシュについて書かれた『放浪の天才数学者エルデシュ』が挙げられているためです。

確かに、数学に人生をかけていたという特徴は似ていますね。

『博士の愛した数式』を通じてポール・エルデシュを感じてみるのはいかがでしょうか?

まとめ

奇人変人数学者 ポール・エルデシュについて紹介しました。

  • 「私の脳みそは営業中だ。君のはどうかね?」と突然訪ねる
  • 「数学をやめる」ことを「死ぬ」と言っていた
  • 関係性を数字で表された「エルデシュ数」
  • 『博士の愛した数式』主人公のモデルと言われている

数学にすべてをかけ、他のことはあまり気にしない性格だったようですね。

それでもポール・エルデシュがやってくると研究が進むことから歓迎され、「エルデシュ数」という概念も生まれました。

数学者の中でも一番と言ってもいいほど変わり者でしたが、数学者やまわりの人から愛されていたことがよく分かりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Translate »